ホワイトデー お返し 男性心理

ホワイトデーを意識してチョコを送るのは、女性なら誰しも経験することでしょう。

ホワイトデーにお返しが来るのかないのか、バレンタインデーのずっと前から男性心理を読む事から始めましょう。

本命の男性にチョコレートを送った女性ならば「ホワイトデー」は女性にとっては運命の日に近いですよね。

この場合の本命とは付き合いがまだ定着しておらず、これからお付き合いできるかどうかの波乱含みの場合です。

こんな時に男性心理をある程度把握できていると、バレンタインデーとホワイトデーには成功の女神がほほ笑むでしょう。

けれど、一か八かで相手に渡した場合は結果がとても心配でしょうね。

そのため、チョコレートを渡す時点には、男性側に脈があるかないのかある程度は確かめておきたいものです。

つまり、一か八か的な渡し方はやめた方がいいということです。そんなことをするよりも、振り向いてくれそうな男性にこそチョコレートを渡す価値があると言うものです。

ホワイトデーにお返しをくれる人の男性心理

ホワイトデーのお返しから男性心理を知る手掛かりは、お返しの品の価格と渡されるタイミングにあるとえ言えます。

まずは価格ですが、これは当然ながら高価な物の方が安価なお返しよりも気持ちがあるでしょう。

次に渡されるタイミングですが、誰もいないところでついでに貰うよりも時間を割いてもらう方が相手の気持ちは深いと言う事がわかります。

例えばホワイトデーにアクセサリーや食事を設定してくれるのは、相手が本当に女性の事を思っている気持ちの表れです。

アクセサリーを選ぶ間は相手の事を深く考える必要があります。また、食事に誘ってくれるのも相手の事を深く考えて行動する事になりますので、思い入れがある証拠です。

バレンタインデーやホワイトデーのイベントは女性は好きですが、男性にはプレゼントを選んだりメッセージを書いて投函するなどの行為で楽しむ事ができません。

けれど、女性ならそれらの行為すべてを楽しむ事ができますよね。男女の感覚の差も、男性心理として頭の片隅に留めましょう。

お菓子であったとしても、ホワイトデーにちゃんと返してくれるのは「ずっと友達でいよう」という心の現れです。

男女の恋人未満友達以上の関係というのは、悩みを聞いてもらうなど意外にも近くて充実した関係ですものね。

そしてホワイトデーにお返しが無い場合は、まったく脈が無いと考えて良いでしょう。

貰ったことを忘れているなんて最悪の状況です。次のバレンタインにプレゼントを贈るのは止めた方がいいかもしれません。

おすすめの記事