閉じる
閉じる
閉じる
  1. ホワイトニング 安い
  2. ホワイトデー お返し 男性心理
  3. ホワイトデー お菓子 意味
  4. ベルギー 観光旅行
  5. 仮想通貨 ブロックチェーン
  6. ブックオフ せどり やり方
  7. ビデオカメラ 安い
  8. ビットコインの売買は円が使える日本の販売所や取引所で購入しよう!
  9. バレンタインは盛り上がる!本命にあげるプレゼントはあなたの気持ち
  10. 夏が来てもOK!ハンドメイドのリネンのワンピースを見つけて買えた!
閉じる

よろずネット情報局

バレンタインは盛り上がる!本命にあげるプレゼントはあなたの気持ち

バレンタイン 本命 プレゼント

2月14日は、言わずと知れたバレンタインデーですが、この日は女性が大切な人に想いを伝えることができるとっておきの一日です。

日本だけではなく、世界中の女性たちが、想いを寄せている男性や大好きな彼氏が喜ぶ顔を想像して、この日が来るのをドキドキしながら心待ちにしているのではないでしょうか。

けど、そんな大事な日だからこそ、贈って喜ばれるプレゼントを探すのに思い悩んでしまいます。

最近では、チョコだけにとどまらずとっても高級志向になってきて、デパートや通販では数万円もするバレンタインデーのプレゼントがたくさん売られています。

ということで、このページでは「彼氏が喜ぶバレンタインプレゼント」について、いくつかご紹介したいと思います。

大人だけではなく、中学生や高校生といった幅広い年齢で喜んでもらえるプレゼントを集めてみたのでぜひ参考にされてください。

バレンタインで本命から貰いたいプレゼントは?

バレンタインといえば女性なら無視できない行事ですよね。

本命の彼がいるのならプレゼントをあげる人も多いでしょう。しかし、贈り物はその年によって傾向が変わるものです。その時代の世相を表しているのでしょうか。

本命にプレゼントするのなら喜ばれて、相手に「いいじゃん」と思わせたいですよね。

「何が欲しいか?」のアンケートでは、一位は意外に現実的でファッションにまつわるものでした(2013年調べ)。

ファッションアイテムは「ネクタイ、マフラー、アンダーウェア等」で54.1%です。2位は文房具で27%、3位ペアアクセサリーでブレスレットやリングで、23%でした。

1位から3位は、全て毎日のように使用できる頻度の高いものですね。やはり毎日使えるものなら、見るたびに相手を思い出せるといった感じでしょうか。

義理チョコだって大切!と思う男性の本音

「バレンタインに本命からチョコレートは欲しいか」という問いに男性の51.2%が「はい」と答え、「どちらでもない」と21.8%が答えています。

完全に恋人同士の間には行事として定着していますね。

義理チョコに関してはどうでしょうか?「欲しい」が34.8%、「どちらでもない」が27.4%で、半数以上は否定的ではない意見です。

義理チョコに対してはお返しをホワイトデーに「3倍返しのルール」が浸透しているので、「お返しが面倒」という解答が多かった割には肯定派が多いですね。

ある意味義理チョコにも意義があるのかもしれません。

欲しいのはやはり本物のハート

あなたは彼とすでにお付き合いしているでしょうか。そうでなければバレンタインが運命の分かれ道になります。どちらにしても、愛する彼にはチョコだけでなく、何かを添えたいものです。

本命が彼女に期待するプレゼントは「高価でなくても良いから心がこもったもの」です。

例えばチョコレートにそえて渡すとしたら「手紙」はどうでしょうか。メールやラインばかりのコミニュケーションに陥りがちです。

普段面と向かって言えない事を新鮮な形で、彼の気持ちをしっかりと自分にしばりつけておきましょう。気持ちを素直に文字にして表現するのはとても大切な事です。

チョコは迷惑というアンケートも

2月ともなれば、女性は当然のことながら、男性にも意中の女子からの告白があるかもしれないバレンタインがやってきます。

日本のバレンタインはというと、チョコレートを贈って相手に思いを伝えるというのがこれまでの習わしでした。

けれど最近では、チョコだけでとどまることがなくなってきました。チョコにプラスアルファの付加価値をつけるというのが一般的となりました。

中には、チョコレートではなく全然別物を贈る方もいらっしゃるようですね。私なんかの時は当然チョコオンリーでしたので、最近の女性は大変だなと思います。

なんでも、バレンタインでチョコ以外のプレゼントをもらった事があるかという調査アンケートもあるみたいで、これがまたなんとも興味深い結果となっております。

このアンケートは、男性を対象に「おぴねっと」が行った調査結果なのですが、バレンタインにプレゼントをもらったことがある男性の割合は53%で、2人に1人の方がプレゼントを貰ているようです。

今どきの女子が大変かそうでないかはよくわかりませんが、この風習は年々増加傾向にあるようで、バレンタインにチョコという発想は今や過去の遺物となっているようです。

そこで、どうしてこうまで様変わりしてしまったのかを調べてみました。

その1つ目の理由なのですが、なんと驚くことにチョコを貰うことが迷惑だと考えている男性が多いというか増えてきているんだそうです。

好き嫌いというのは人それぞれあるとは思いますが、こんなのを聞くと多くの女性から「マジなめてんのかお前」という声が聞こえてきそうです。

チョコに価値を見出せない方もいるかもしれませんが、普通は女性からチョコをもらったら嬉しいもんじゃないんですか???と言いたくなるのは私だけではないと思います。

チョコレートが苦手な方もいるとは思いますが、チョコではなくて気持ちを待ってるんじゃないの???と突っ込んでみたくなります。

けどまあ、チョコが苦手なら分けてあげればいいんですよ。わたしはそう思いますけどね。

もう1つの理由が義理チョコの存在です。

最近では義理チョコも当たり前。そのため、チョコを贈るのが本命の彼だけではなくなってきました。

こんなこともあって、チョコ以外のプレゼントを贈ることで彼には自分の特別な想いを伝えるようになってきたようですね。

いずれにしても、大変なバレンタインになってきたものです。

関連記事

  1. ホワイトデー お菓子 意味

    ホワイトデー お菓子 意味

  2. ホワイトデー お返し 男性心理

    ホワイトデー お返し 男性心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る