老人介護

親の介護については、親を持つ以上は切っても切れない問題です。

今では様々なサービスを打ち出している老人介護施設ですが、その仕組みは素人にはなかなか分かりづらいものですよね。

サービスだけで選んでも、費用やスタッフとの相性もあるので一概にいい施設とも言い切れません。

ということで今回の記事では、老人介護施設を選ぶ際のポイントについて解説してみましたのでご覧ください。

良い老人介護施設を選ぶ時のポイントとは?

なるべく良い老人介護施設を選ぶ時のポイントは4つあります。これらのポイントを押さえておけば、老人介護施設を選ぶ際に悩むことが少なくなります。

ぜひ参考にされてみて下さい。

老人介護施設の種類を把握して選ぶ

実は老人介護施設には介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームなど様々な種類があります。

当然それぞれの施設によって受けられるサービスや費用がというのが大きく変わってきますので、入居者の方、そしてそのご家族の理想に1番近い種類の施設を選ぶようにするのが最も重要なポイントの1つになるのです。

気になる施設には訪問して比較する

通常の商品やサービスと同様に、比較というのは重要な行為です。

なぜなら比較をして、初めてどのようなサービスで、良い点や悪い点があるのか、というものが見えてくるからです。

これと基本的な同じで、まずは気になる老人介護施設があったらすぐに資料を取り寄せたり、実際に足を運んでみたりしましょう。そしてまずは複数の施設を比較できるようにしておくことをおすすめします。

可能であれば宿泊してみる

全ての施設で可能であるというわけではありませんが、中には複数日の体験宿泊が可能になっていることがあります。そして気になる老人介護施設でその体験宿泊が可能であれば、ぜひ利用してみてください。

なぜなら老人介護施設というのは泊まってみて初めて分かることが多くあるからです。

例えば、生活リズムやスタッフ達やその他の入居者の人間関係などです。体験せずに入居してしまうと、そういったことがわからずに後悔してしまうことがありますので、出来れば利用してみてください。

施設の費用は適正か?

この費用が適正かどうかというのは、介護施設の入居費用の負担が経済的に大きいかどうかという意味だけでなく、悪徳な施設のようにあまりにも相場の費用とかけ離れていないか、という意味でもあります。

このポイントを押さえておかないと将来的に大きな問題になり兼ねませんので、忘れずに必ずチェックしておくようにしましょう。

おすすめの記事