家族葬

葬儀は何かと大変です。私も経験はありますが、悲しむ暇もないくらいバタバタと忙しいものでした。逆にそれで気が紛れるということはありますが、できれば落ち着いておくってあげたいものです。

最近では、家族だけでゆっくりと見送ることのできる家族葬が注目を集めているようですね。

ということで今回の記事では、家族葬はどういったお葬式なのか?その人気の理由や注意点などをまとめてみましたのでご覧ください。

家族葬はどんな葬儀の方法なのか

家族葬とは、その名前の通り家族、またそれに近い関係にいる方達だけで行う葬儀のことを指します。

一般的には家族のみに限定されると考えられていますが、正しくは家族に近い関係にある友人なども呼ぶことが可能になるのです。

以前の日本ではご近所や仕事関係者なども呼んで行う葬儀というのが一般的でしたが、最近では半数以上がこの方法で行っているデータもあるほど、日本では浸透してきました。

家族葬が多くの人に選ばれている理由

多くの人に選ばれている理由はいくつかあります。まず1つとして挙げられるのは比較的自由に葬儀を行えるようになるということです。

近所の人や仕事関係者なども呼ぶ葬式を執り行うと、やはり形式ばった固い葬式になりがちです。

しかし、家族葬であれば、周りの人や世間へのことは考える必要がなくなるため、自分たちでゆっくりとした気持ちで、また自由な流れで葬式を進めていくことが可能になります。

この自由度の高さこそが多くの人に選ばれている理由の1つです。

また、葬儀に必要な費用が最小限に抑えられるというのも理由の1つとしてあります。

一般的な葬儀を行うことになると、飲食などの接待費用や寺院費用などを合計して約200万円弱必要になるケースが多いです。

しかし、家族葬であれば、規模が小さいこと、そして接待費用などが不要になるため、その費用を大幅に抑えることが可能になります。

費用としては30万円から50万円ほどまでに抑えることが出来るので、そういった意味でも多くの人に選ばれているのです。

家族葬を選ぶ注意点

家族葬を選ぶ際に気をつけておきたい注意点もあります。

例えば、葬儀を行う時に結果として50名以上になるような時には、家族葬では対応しきれない部分が出てくることがあります。

そのため1つの基準として、参列者が50名それ以上となる場合には一般葬を選ぶようにすると良いでしょう。

また、家族葬は小規模なので、参列したかったけど呼ばれなかったという人も出てきます。葬儀後には参列しなかった方に対して挨拶状を出して、葬儀へ呼ばなかったことを理解してもらいましょう。

この他にも細かい注意点は多くありますので、詳しくは実際に式を行う前に業者などと話をしてしっかりと理解しておくようにしておくことをおすすめします。

おすすめの記事