車 出張買取

車の出張買取が話題ですが、一体どんな仕組みなのかまではそれほど浸透していいないようです。そのため、気になるけど敬遠してしまうことも多いようですね。

出張買取はネットで申し込みするだけで、売りたい車を無料で査定してくれるサービスです。

ディーラーでの下取りよりも高く買取ってくれることも多いため、最近では下取りする前に買取最低の申し込みをして比較検討する方が賢い選択です。

今回の記事では、そんな出張買取の流れや注意点などをまとめてみましたのでご覧ください。

車の出張買取の一連の流れはどうなっている?

出張買取を行う時というのは、まずは買い取り業者を探すところからスタートします。

現在日本にはどの地域にも数多くの買取業者がありますので、まずは複数の業者をチェックし、資料などから良いと感じたところをいくつかピックアップしましょう。

次に、実際にその業者に査定を依頼します。この査定に関しては基本的に無料のところが多いので、複数の業者に依頼して査定額を比較できるようにしておくと良いでしょう。

業者から提示された査定額に納得がいき、双方に合意が出来たらそこで売却契約書を結びます。

そして後日、自動車の引き渡しと入金の作業が終われば、出張買取は完了となります。これが出張買取の基本的な一連の流れです。

車の出張買取の際の注意点

車の出張買取を依頼する際にはいくつかのポイントに注意をする必要があります。例えば、出張買取における査定の段階でどのような条件であれば無料であるのかということです。

実は買取業者の中には、もともと査定を有料で行っているところや、買い取りの契約を交わして初めて査定額が無料になるところがあるのです。

その条件を確認していないと、比較のために依頼したのに余計な出費がかさむことにもなり兼ねません。査定を依頼する時には、必ず無料になる条件というのを確認しておくようにしてください。

また、出張買取の査定を依頼する前に、車は限りなく良い状態にしておきましょう。

なぜなら車がきちんと洗車されているかどうか、また内装が綺麗に見えるようになっているかどうかで、査定額が大きく変わることがあるからです。

見た目が綺麗というだけでも、普段から手入れが行き届いている印象を与えられます。ですので、査定を依頼する時には出来る範囲で良い状態に仕上げておくと良いでしょう。

ちなみに出張買取では、車検が切れている場合には買い取りを拒否されてしまうケースもあります。また買い取りが成立したとしても、引き取りに余分な労力や費用が必要になることもあります。

そのため車検が切れそうなのであれば、自分のためにも業者側のためにもなるべく無駄な労力などをかけないように、事前に更新手続きをしておくのが良いでしょう。

おすすめの記事