電動自転車 おすすめ スポーツ

電動自転車のイメージは、いわゆるママチャリに乗るご婦人方の負担を少なくするための自転車というイメージしかありませんでした。

けれど、最近はスポーツタイプの電動自転車も登場して人気を集めているようです。

ブリヂストン・パナソニック・ヤマハといった名だたるブランドから発売されていることからも、その人気ぶりがうかがえます。

今回の記事では、そんなスポーツタイプの電動自転車についてまとめてみましたのでご覧ください。

海外のおすすめ電動自転車メーカー

海外メーカーのe-bikeの中でも、現在盛り上がりを見せているのが日本仕様モデル(日本の道路交通法に反しないモデル)のe-bikeです。

スポーツサイクルが人気なのも拍車をかけているようですが、海外モデルには日本製にはない魅力的なデザインのスポーツサイクルが豊富にあるのが大きな理由です。

これはデザインを重視している方にとっては、やはり外すわけにはいきません。そんな人気の海外メーカーをいくつかピックアップしてみます。

TSINOVA

関東中心に、ビックカメラやヨドバシカメラでも販売されている人気メーカーが中国のTSINOVA(チノーバ)です。

ミニベロタイプのスタイリッシュな電動アシスト自転車を作っており、海外メーカーの中でも製品の安定性が高いというのが定評です。

デザインの特徴は、サドル(シート)の下にポーチのような形で搭載されたバッテリーです。モーターも後輪のハブ(タイヤの中心部分)にあるため、ちょっと見では電動アシスト自転車とは思えない仕上がりです。

ビアンキ

イタリアのビアンキは、最古の自転車メーカーとして知られています。ロードバイク・マウンテンバイク・ミニベロとラインナップも豊富。

有名なのが「空の色」を意味したチェレステカラーの爽やかなデザイン。ミニベロタイプのe-Bikeには、ボッシュのモーターユニットを搭載したモデルも登場しています。

TREK

TREK(トレック)はアメリカのメーカーです。

1976年に、アメリカ中西部のウィスコンシン州南部にある小さな赤い倉庫が始まりです。そのきっかけは「世界一のバイクづくり」を夢みた二人組によるもの。

「ペダルアシストバイク」というのがTREKのe-bikeの特徴で、この機能によって走行中のペダリングを助けるモーターが漕いだ力を増幅させます。

ペダルを漕ぐと前に押し出す力が加えられるため、スロットルを回して走るオートバイタイプではありません。漕ぐのを止めればアシストは停止します。

また、Bosch製e-bikeシステムを採用しているTREKのe-bikeは、モーター・バッテリー・コントローラーのすべてが信頼性が高くデザインにも優れたBosch製です。

そのため、万が一不具合が生じた場合にはBoschによる秀逸なカスタマーサービスを受けることができます。

BESV

BESV(ベスヴィー)は、世界最大の電動アシスト自転車市場であるヨーロッパにおいて「デザインと性能」の両方を認められたメーカーです。

ヨーロピアンスタイルのおしゃれなモデルが多いのはBESVならでは。

小径車ですが、スポーティな走りとバッテリー一体型の流線的なデザインが高評価の電動アシスト自転車です。

おすすめの記事