お腹まわり ダイエット

服を着ているとなかなか気づかれないのがお腹まわりですが、ほんとのお腹は誰にも見せたくはないですよね。

お腹は脂肪がつきやすい場所ですが、その反面、引き締めるのはとても大変という面倒な性質を持っています。

そのため、何とかしたいけどなかなか付いたお肉が落ちてくれない。そんな悩みを抱えている人も多いようです。

けれど、正しいダイエット方法を実践することで、効率的にお腹を引き締めていけるようになるのです。

今回の記事では、ぽっこりと出てしまったお腹まわりを引き締めて、スマートなスタイルを手に入れるためのダイエット方法を紹介していきます。

内臓脂肪を落とそう

お腹につく脂肪にも二種類あります。

ひとつは手でつまめるタイプの皮下脂肪で、もうひとつは内臓まわりについていて一見すると目立たない内臓脂肪です。

見た目はそんなに太っているように見えなくても体脂肪率の高い人は、内臓脂肪がたくさんついている可能性が高いのです。

ぽっこりと出てしまったお腹の原因は内臓脂肪です。

皮下脂肪の場合は全体的に太っていくのですが、内臓に脂肪がついてしまうと内臓が下がってしまい、お腹だけが出たようになってしまいます。

しかしこの内臓脂肪には、筋肉を作るためのエネルギーとして消費されやすい性質があるので、運動をすることによって克服できるのです。

何をすれば良いのか

お腹の脂肪に運動が効果的と言っても、実際にどんな運動をすれば良いのかが分からない方は多いでしょう。

そこで押さえておきたいのが、有酸素運動と筋トレです。

それぞれ痩せるための運動としては代表的なものですが、内臓脂肪を燃焼させるためにはこの二つの運動が効果的です。

有酸素運動はともかく、筋トレの場合は筋肉を作るものなので、内臓脂肪とはあまり関係がないように見えるかもしれません。

しかしながら、先にも書いたように、内臓脂肪は筋肉を作るためのエネルギーとして消費されるものです。

そのため、筋トレをして筋肉を作っていけば自然と消費されていくものなのです。

有酸素運動をすることで全体的に脂肪を燃焼させていき、腹筋などの筋トレで筋肉を作りつつ内臓脂肪を消費していく。

これがお腹まわりを引き締めるために効果的な方法です。

何が原因で、それに対して何をすれば良いのかが分かっていれば、効率よくダイエットができるようになります。

ただ体重を落とすのではなく、スタイルを良くしたいなら効率重視で、しっかりと体型を改善できるようにしていきましょう。

おすすめの記事